Drubakメディア

日経Drubak社が運営する、IT(情報技術)にかかわるプロフェッショナルに向けた総合情報 サイト。

ドウェイン・ジョンソン、グラフィックノベル原作の『シウダッド』主演に決定!

ドウェイン・ジョンソンがまた大作の主演を務めることになった。 ドウェイン・ジョンソン出演映画『センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島』場面写真 作品は映画『ウェルカム トゥ コリンウッド』の監督・脚本家であるアンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ兄弟のアクション・スリラー『シウダッド / Ciudad』で、ルッソ兄弟にとっては2006年の映画『トラブル・マリッジ カレと私とデュプリーの場合』(DVD公開)以来の監督作品だ。その上、ルッソ兄弟の作風はコメディばかりだったので、今回は初めてのシリアスな作品となる。 『シウダッド』はルッソ兄弟とグラフィック・ノベル作家アンディ・パークスの共著の同名のグラフィック・ノベルが原作のアクション・スリラーで、ブラジルのドラッグ王の娘が何者かに誘拐され、彼女の奪還に闇の世界の傭兵(ジョンソン)が雇われるというストーリーだという。 今回は映画『ランボー 最後の戦場』の製作総指揮コンビ、ランドール・エメット、ジョージ・ファーラの後ろ盾を得て、プロジェクトに青信号が点灯したようだ。 ルッソ兄弟にとって2006年以来の映画ながら、その間、テレビの各ネットワーク局で腕を磨いてきたという兄弟の手腕の見せ所だ。

長生きを祈る麺料理! 五種麺を作ってみた

正月の代表料理の1つといえば、7日の朝に食べる「七草がゆ」がある。15日には五殻豊穣を祈って米、麦、ゴマ、アワ、キビ、小豆、大豆の雑穀を入れた「七種がゆ」というのもある。今年はどちらも食べなかったなぁ、と思うと同時に、最近「米」食べてないなぁと、ふと思った。断然「麺」が多い。そういや、麺は長寿を祈る食べ物でもある。思いっきり長生きを祈る麺料理があってもいいじゃない! それに、ここはひとつ普段お世話になっている麺にも感謝しようということで、「五種麺」をつくってみた。 用意したのは、そば、うどん、ラーメン、スパゲッティ、そしてフォー。麺を用意してみて問題になったのは……、勘のいい方ならすぐ気付いたであろう、「スープ」である。それぞれのスープで試してみたかったのだが、鍋が1つしかないという個人的な理由から、なるべく手際よく料理したい。しかたなく、そばのめんつゆ、ラーメンの鶏ガラスープ、スパのミートソース……、この3種に絞ってみた。 調理経過は割愛させて頂き、できあがった料理を見て、あらためてミートソースの偉大さを知る。食欲をそそる赤のはずが、そばの渋い色合いと完全に敵対。しかし、鶏ガラスープとめんつゆは、とても優しく光り輝いていた。これは期待できるのでは!? まずは、意を決して総大将の「ミートソース五種麺」から試食。なんだろう……、ちょっと待て、麺って肉より強いのか。ミートくんが、そばの味わいと香りに完全に負けている。ある程度予想していたが、五種の麺の絡みも想像以上にまとまりがない。麺のコシや喉越しを楽しめることもなく、フォーとうどんからは全く主張がないまま完食。最後まで味方でいてくれたのは、スパゲッティとラーメンでした。ラーメンってけっこう柔軟性があるのねありがとう、ラーメンマン。 つづいて鶏ガラスープ。これは……、あれっ? けっこうイケるかも? 薄目の塩味が功を奏したのか、と思いきや、徐々にそばの香りが不快に感じてくる。…

「HEROES/ヒーローズ」のマシ・オカ、アジア人俳優としてハリウッドで生き残るための決意を激白!!

アメリカで絶大なる支持を集めた人気刑事ドラマ「ハワイ5-O」を現代風にリメイクした海外テレビドラマ「HAWAII FIVE-0」に検死官マックス・バーグマン役で出演している俳優のマシ・オカがこのたび緊急来日し、アジア人俳優としてハリウッドで生き残るための決意を語った。 1968年から1980年まで12年にわたってアメリカで放送された「ハワイ5-O」といえば、ホーンセクションとエレキサウンドが印象的なザ・ベンチャーズのテーマ曲が非常に有名。日本のバラエティー番組でよく流されていることから、本ドラマを知らなくても「ああ! あの音楽!」と盛り上がること間違いなしの必殺チューンだ。「これと『Somewhere Over The Rainbow(虹の彼方に)』はハワイ航空の飛行機には必ず流れる曲なんですよ。もちろん(リメイク版の)オープニングテーマは、オリジナルにオマージュを捧げているので、ワンカット、ワンカットをそのまま再現しているんです」とマシ・オカが語る通り、オリジナルに現代風のアレンジを加えたメインテーマも見どころの一つとなっている。 「LOST」ジン・クォン役のダニエル・デイ・キム、「バトルスター・ギャラクティカ」シャロン・バレリー役のグレイス・パーク、そして「HEROES/ヒーローズ」ヒロ・ナカムラ役のマシ・オカと、大ヒット海外ドラマに出演したアジア系人気俳優たちのそろいぶみも見逃せないポイントだ。「『まさにアジアンSFオールスターが大集合だね』と言ってみんなで笑っていました。しかもこの3人がSFに全然関係ない作品に出ているのが笑えますよね」と楽しそうに語るマシ・オカだが、ハリウッドでアジア人俳優として生きるための現状について聞かれると「アジア系の役者で食べていけるのはほんの一握り。もちろん状況は少しずつ変わってきていますが、まだまだ難しいですね。(忠臣蔵をハリウッド映画化した)『47RONIN』だって結局キアヌ・リーヴスがいないと成立しないような状況ですから」と真剣な表情になった。 そういう背景もあり、マシ・オカは俳優業と並行してプロデュース業も活発に行っている。「結局、自分たちが動かないと、現状維持でいいやということになりますからね。だから自分たちで作って、自分たちが出て、それで視聴率や興行収入を高くなるんだということを証明しなくては、ハリウッドの価値観も変わらない。でも現状を変えたいという人が集まれば、世の中も変わっていくと思うんですよ」と語るマシ・オカのコメントも次第に熱を帯びてくる。 そんな彼が今進めているプロジェクトが、1989年から1993年まで放送された海外ドラマ「タイムマシーンにお願い」の現代版だという。「昨年の11月にケーブルテレビに企画が売れました。今はパイロット版を作ろうとしているところです。一応、主人公として出るつもりで書いた企画なんですが、いつできるかわからない状態だったので、エージェントと話して、先に『HAWAII FIVE-O』に出ることになったんです」と語るマシ・オカだが、彼にとって俳優業とプロデューサー業の両立は、活動を続けていく上で欠かせないことだという。「次世代の人たちに希望を与えるためにも僕らが頑張らなくては」と語るその顔は非常に意欲に満ちていた。 本作は、ハワイで発生する事件の数々を捜査し、解決に導く「HAWAII FIVE-O」の4人のメンバーたちが活躍するポリスアクション。シーズン1の第1話には『ダイ・ハード4.0』『アンダーワールド』のレン・ワイズマン監督を起用。約800万ドル(約6億4,000万円)という予算を投じたといわれる力作に仕上がっている。 海外テレビドラマ「HAWAII FIVE-O」は海外ドラマ専門チャンネルAXNにて放送中

iPhone女子はモテる モテない

「iPhoneを使いこなす女の子は嫌だな」 発売当初は、iPhoneに対してこんな男性の意見を耳にしたが、皆さんはどうだろうか。そんな声とは裏腹に、現在、ファッションの一部として、生活をより豊かに、そして、便利にするために「iPhone女子」が増えている。それは、ソフトバンクのマーケティング戦略なのか、はたまた、ファッションリーダーと絶大な影響力を誇る梨花がブログで利用しているからなのか、それは知る由もない。 しかし、一つ言えることは「女性×iPhone」が一般化してきているということ。iPhoneを使いこなす女性に対して、プラスのイメージが働き始めているかもしれないということ。 今回、iPhoneユーザーにとってはお馴染みのサイト、『iPhone女史』の運営者に「iPhone×女子」についてお話をきいてみると、以下の回答が得られた。「iPhoneは男性ユーザーがまだまだ多数を占めますが、実際に使ってみると、これほど女性向けの端末もないと思います。家計簿や占いを始め、スケジュールや日記など洗練された女性向けアプリも一通り揃ってきました。カメラアプリに夢中の女子も多いです。iPhone x 女子は、最高の組み合わせだと思います」 このサイトのユーザー層は、なんと男性が60%?女性40%となっているようだが、やはり、主婦?学生?OLなど幅広く楽しまれているようだ。iPhone女子にとっては、自分の魅力を高めてくれるものである。 さらに今回、『iPhone女史』の中で具体的に反響の多かったアプリを伺った。ちょっとのぞいてみよう。 ■こづかいdeクエスト|ドラクエ風の簡易家計簿?『iPhone女史』のレビュー「お金の管理がきちんとしている女性」を結婚の条件に挙げる男性も多い。それでも、ストレスを買い物で発散したり、自分磨きにエステにいってみたり、自分へのご褒美としてブランド物のバッグを買ってしまう人もいる。そのお金の管理をもっと楽しくできないかというものがこのアプリ。「今月の収支によって勇者のコメントや称号が変化して行くのでとても楽しい!毎月毎月、予算内に納める事が出来たら最終日にレベルアップ?」とあるように、お金の使い道が多い女性にとっての見方になってくれるアプリになっている。 こんな風に、男性というイメージが強いiPhoneだが、女性のライフスタイルにも大きく組み込まれてきている。iPhoneは、女性の恋愛力をも上げてくれるガジェットになりつつあるのかもしれない。…

ウォーレン・ベイティ、これまでに寝た女性の数は1万2,775人?マドンナやダイアン・キートンなど

新しく出版されたウォーレン・ベイティの伝記によると、だてにハリウッドの女たらしと呼ばれていたわけではないようだ。 WENNによると、ウォーレンとの率直な会話から伝記を執筆したピーター・ビスカインドは、現在72歳のウォーレンが寝たことがある女性の数は、およそ1万2,775人だと「スター:ウォーレン・ベイティがアメリカを誘惑した方法」と題された本に書いているという。 ウォーレンは過去に、マドンナ、ジェーン・フォンダ、ダイアン・キートン、ジョーン・コリンズなどとの交際が報じられているが、現在はアネット・ベニングと結婚している。長年のパートナーだったジョーンはウォーレンの性欲についていけずに別れたとのこと。1990年に映画『ディック・トレイシー』の撮影で知り合った若いマドンナとの交際でウォーレンは同じレベルの女性に出会えたと思ったらしいが、パーティ好きなマドンナのエネルギーにはついていくのに苦労したという。

藤本美貴、つんく♂は大切な人…声を取り戻す日願ってエール

タレントの藤本美貴が20日、都内で行われた映画『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』ブルーレイ&DVD発売記念イベントに出席。声帯の全摘出手術を受け、声を失ったことを告白した音楽プロデューサーのつんく♂に向けて、「前向きな気持ちで手術をされたということで、わたしたちも前向きに元気なつんく♂さんを応援したい」とエールを送った。 藤本美貴、つんく♂にエール!フォトギャラリー 「わたしたちにできることは、つんく♂さんが作ってくださった曲を大事に伝えていかなきゃいけないということと、歌い続けること」と語った藤本は、つんく♂が「食道発声法」の習得に取り組んでいることに触れ、「また会話ができる可能性があるということで、そういう意味ではわたしたちも前向きに元気なつんく♂さんを応援したいなと思います」と胸中を告白した。 実際につんく♂の姿を見たのは、「道重さゆみちゃんの卒業コンサートのとき」だといい、「ちらっと姿を見たぐらい。話という話はできていないです。次に会うときは少しでも元気なつんく♂さんにお会いしたい」としみじみ。「ハロー!プロジェクトやモーニング娘。にとっては今でも欠かせない存在」と続けると、「出会わなければ今のわたしもない。旦那さん(庄司智春)とは違った意味で大切な人」と思いを明かした。 また現在、第2子を妊娠中の藤本は、おなかの赤ちゃんについて、「順調です。気づいたらもう7か月。おなかも蹴ります」とうれしそうに報告。仕事については、6月いっぱいまで続けると語っていた。 本作は、タイムトラベルを通して、恋愛や家族関係の大切さを描いたリチャード・カーティス監督の最新作。 映画『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』のDVD&ブルーレイは4月24日発売

瑛太&木村カエラ夫妻に第2子長女誕生!

俳優の瑛太と歌手の木村カエラ夫妻に、第2子長女が誕生した。7日に夫婦それぞれのオフィシャルサイトで発表した。 木村カエラがティム・バートンと対面!フォトギャラリー 瑛太は「皆さんにご報告があります。無事に、元気な女の子が産まれました」と女児誕生を報告。「私は男兄弟で育ったので、娘の扱いに今からテンヤワンヤしています。これからも、俳優として毎日を大切に歩んでいきたいと思います」と決意を明かした。 また木村も「先日、私たち夫婦の間にかわいい女の子が誕生しました」と出産を明かすと「家族が一人増え、たくさんの幸せを感じています。生まれてきてくれてありがとうと心の底から思います」と娘に感謝。「私自身にとてつもなく大きな勇気、元気と希望を与えてくれます」と母親としての思いをつづると共に「みなさんにLIVEなどでお会いできる日を楽しみにしています。それまでお元気で」と復帰を誓った。 瑛太と木村は2010年の6月に結婚することを発表。同年10月に第1子長男が誕生している。

嵐・相葉雅紀、映画単独初主演!犬童一心監督作で榮倉奈々、ハン・ヒョジュ、生田斗真と共演

嵐の相葉雅紀が、2014年秋公開予定の犬童一心監督作『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』で映画単独初主演を果たすことがわかった。「ちょっとファンタジーでクリスマスにぴったりな夢のあるラブストーリー」と本作を表現した相葉は、「クリスマス・イブは僕の誕生日でもあるので、この作品に携われることに運命を感じています!」と喜びを口にしている。 映画『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』フォトギャラリー 本作は、山下達郎の名曲「クリスマス・イブ」をモチーフにした中村航(『100回泣くこと』)の小説「デビクロくんの恋と魔法」の実写化作品。夜になると「デビクロ通信」という謎のビラを街でまく、優しくてちょっとヘタレな漫画家志望の書店員・光(相葉)と、光を見守る幼なじみの杏奈(榮倉奈々)、光が偶然出会う世界的照明デザイナーのソヨン(ハン・ヒョジュ)、そして光の大学の同級生で超売れっ子漫画家の北山(生田斗真)が織り成す恋が描かれる。 相葉は、『黄色い涙』(2007)以来となる犬童監督作への出演に「すてきな作品になるよう頑張ります!!」と気合十分。一方の犬童監督も「子どもの頃のように夢や未来を心から信じられる瞬間をスクリーンに焼き付けよう。相葉雅紀の笑顔と山下達郎の名曲『クリスマス・イブ』という最高のアイテムを手にすればきっとそれも可能なはずだ」と相葉とのタッグに期待している様子だ。 また、原作者の中村は「主人公の化身であるデビクロくんはクリスマス・イブに生まれたのですが、同じ誕生日の相葉さんに演じていただくということで、何やらミラクルの萌芽(ほうが)を感じています」と語っている。実写映画でありながら、アニメーションパートを交えて描くという本作。新たなクリスマス映画の定番が誕生するのか注目したい。 映画『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』は2014年秋、全国公開

ジョン・マクティアナン監督、4か月の禁固刑

『ダイ・ハード』シリーズのジョン・マクティアナン監督が、FBIに嘘をついたとして4か月の禁固刑を言い渡された。マクティアナン監督は、2000年の映画『ローラーボール』をめぐりプロデューサーと対立、プロデューサーの電話を盗聴させるためぺリカーノ氏に5万ドルを支払ったが、FBIの捜査に対し、ぺリカーノ氏には離婚の相談のために電話をした、と虚偽の証言をした。マクティアナン監督は弁護士を通じ、虚偽の証言をしたときはちょうどアジアでの仕事を終えて疲れきっていたときで、静脈炎の抗生剤も服用していた、と無実を主張したが、判事は「言い訳ばかりで自責の念がない」と、この訴えを拒否した。

追悼・飯島愛さんと映画…裸の天使役や「プラトニック・セックス」には加勢大周やオダジョーも

24日、日本テレビの報道により、元タレントの飯島愛さんが自宅マンションで死亡していることが明らかになった。死因については、現時点では明らかにされていない。生前タレントとして人気ものだった飯島さんの映画とのかかわりを振り返ってみた。 飯島さんは2007年に体調不良で芸能界を引退。ブログ「飯島愛のポルノ・ホスピタル」で近況を報告していたが更新最後の日付けとなってしまった12月5日のコメント覧には、訃報(ふほう)を聞きつけたファンが「ご冥福をお祈りいたします」などをはじめ、「あなたが青春だった」「大好きでした」など4,500件を超えるコメントを続々と寄せている。 飯島さんの芸能活動は、引退直前はバラエティー番組で人気ものだっただけに、タレントとしてのイメージが強いが、もともとは女優としてデビューしている映像出身の芸能人と言ってもいい。当初はそのほとんどがOV(オリジナル・ビデオ)での出演だったが、1993年には、劇場公開映画『ぷるぷる 天使的休日』に出演。細川ふみえとダブル主演を果たし、鶴見辰吾や村上淳とも共演、全裸で地上に降り立った天使をキュートに演じた。監督は映画『軍鶏 Shamo』の脚本を務めたこともある橋本以蔵。 その後、2005年の映画『ノロイ』や2006年の映画『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』では本人役で登場。モト冬樹主演の映画『ヅラ刑事』ではホステス役での友情出演など、ほぼ等身大の役で映画に登場していた。 そんな中で、一番大きな位置を占める映像作品は自身の衝撃的な半生を包み隠さずにつづりベストセラーとなった同名自叙伝を映画化した映画『プラトニック・セックス』。レイプ、家出、援助交際、アダルトビデオへの出演と、壮絶な少女の運命を描き出し自叙伝同様センセーショナルな映像に世間は沸いた。飯島さん自身を投影したと思われるあおい役は加賀美早紀が演じ、恋人役にはオダギリジョー。先日芸能界を引退した加勢大周も出演している。製作にはあの名プロデューサー、亀山千広の名も。飯島さんは本作で監修も務め物語にリアリティーを持たせる演出に一役買っていた。 また、洋画の公開イベントやトークショーにも多数出席し、映画の内容をふまえたぶっちゃけトークで観客の心をわしづかみにしていた。HIVに感染したヒロインを一途に愛し続ける男性を描く感動作のトークショーに出席したときは「愛されるのはうれしいんですけど、あそこまでアプローチされたら、わたしなら、最初の段階で、ダメかもしれない。もちろん、タイプの人ならすごくうれしいけど(笑)」などと本音もちらりとのぞかせるコメントで会場を沸かせていたことも印象深い。 多彩な芸能活動の中での映像とのかかわりではあったが、その存在感はやはり突出していたといっていい。飯島さんのご冥福を心からお祈りいたします。

Archives