Drubakメディア

日経Drubak社が運営する、IT(情報技術)にかかわるプロフェッショナルに向けた総合情報 サイト。

ピクサー『ウォーリー』が中国であわや無断リメイク! 盗作が発覚して中止へ

ディズニー / ピクサーが2008年に発表したアニメーション映画『ウォーリー』が中国で無断リメイクされるところだったことが明らかになった。Varietyが報じたもので、ディズニーのスポークスマンはこの件を受け、「事態を重く受け止めている」とコメントしている。 映画『ウォーリー』場面写真 同サイトによると、中国のラジオ・映画・テレビなどのメディアを監督する国家機関である国家広播電影電視総局に、『ロボット・ウォーリー(英題) / Robot Wali』と題する映画の脚本が提出されたとのこと。同作は、宇宙を舞台にした2体のロボットのラブストーリーで、キャラクターや筋立てが『ウォーリー』に酷似していたという。 同脚本はネット上に掲載されるやいなや話題になり、盗作が発覚すると同局は無断リメイクだとして映画化を中止した。『ウォーリー』は中国本土では劇場上映されていないものの、DVDがリリースされており、中国の映画ファンにはなじみの作品だった。 映画『ウォーリー』は西暦2700年の荒廃した地球と広大な宇宙を舞台に、独りぼっちで地球に残された”地球型ゴミ処理ロボット”WALL・E(ウォーリー)の恋と冒険を描くファンタジーアニメ。第81回アカデミー賞では6部門でノミネートされ、長編アニメ賞を受賞した。

ビヨンセ最多!MTVビデオ・ミュージック・アワード ノミネーション発表

2016年MTVビデオ・ミュージック・アワードのノミネーションが発表され、ビヨンセがビデオ・オブ・ザ・イヤー、最優秀コラボレーション賞、最優秀ポップ・ビデオ賞などを含む、最多11部門でノミネートされた。 【写真】かわいい!若い頃のビヨンセ 次いで、アデルが8部門でノミネートされている。テイラー・スウィフトとのバトルのきっかけとなったカニエ・ウェストの新曲「Famous」はビデオ・オブ・ザ・イヤーと最優秀男性アーティスト・ビデオ賞の2部門でノミネートされた。 また、今年1月に亡くなったデヴィッド・ボウイさんの楽曲「Lazarus」は最優秀監督賞、最優秀編集賞、最優秀撮影賞に、「Blackstar」は最優秀美術賞でノミネーションを獲得している。 授賞式は8月28日(現地時間)にニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで開催される。ビデオ・オブ・ザ・イヤーのノミネーションは以下の通り。 「Formation」 ビヨンセ「Hello」 アデル「Hotline Bling」 ドレイク「Sorry」 ジャスティン・ビーバー「Famous」 カニエ・ウェスト

マルチ商法、SNSの普及で被害拡大「親和性が非常に高い」 | 週刊女性PRIME [シュージョプライム]

2009年にあるマルチ商法を始めた都内に住む20代の女性。深くのめり込むことはなかったが、10数万円と、友人を失った。過去の苦い経験をゆっくりと話した。 「知り合いに誘われマルチを始めました。勧誘もしたけど、その友人とはやはり疎遠に。肌が若返るからと化粧品を買ったけど結局、効果はなかったです。今ではいい勉強代だったと思っています」 今月9日、消費者庁は健康食品販売会社「ナチュラリープラス」(東京都港区)に特定商取引法違反で3月10日から9か月間、業務の一部停止を命じた。 同社の勧誘者が消費者に勧誘目的を告げず、勧誘者の自宅やセミナーへ誘い「1か月飲み続けるとどんな病気でもよくなる」「はじめに2人友達を勧誘すれば後はなにもしなくても必ず儲かる」などと虚偽の説明をし、帰りたがる消費者に執拗に勧誘を続け、強引に契約を締結していた。 マルチ商法とは、勧誘して自身の子会員を作る。その子会員がさらに勧誘・販売を行うことで親にもバックマージンが入る仕組み。金品のやりとりだけのねずみ講と混同されがちだが、マルチ商法の場合は商品が介在し、法律で認められた販売方法だ。だが全国でトラブルが相次いでいる。 全国の消費生活センターへ寄せられるマルチ商法の相談件数は’05年には2万1700件だったが’13年には1万32件と半数以下に減少。だが翌年には1万1907件と増加。 「近年ではSNSの普及がマルチの被害を助長しています。グループチャット機能がついたSNSで、何百人といるグループチャットで付近にいる仲間へと呼びかけ、すぐにチームを組んで集合し、勧誘を行う。マルチはSNSとの親和性が非常に高いですね」(国民生活センターの小池輝明さん) 就活時期の学生にも魔の手が忍び寄る。今月3日、東京都が特定商取引法違反により健康食品販売会社「M3」(東京都港区)に一部業務停止を命じた。平均被害額は約8万9000円、被害者の平均年齢は23.5歳だ。 「商品も低額でお金のない大学生を狙ったとしか思えない」(小池さん) 被害者はずっとお金が入ってくるなどと言葉巧みに数万円の入会金と約1万円の健康食品を購入する契約を結ばされていた。トラブルに遭遇した場合の対処法を小池さんは、こうアドバイスする。 「興味がない、誰かと相談すると伝え、頑なに拒んでください。マルチ商法の場合は20日以内であればクーリングオフが可能です。消費者ホットライン188に電話してもらえればお力になることができます。困ったら即電話を」 消費者問題に詳しいリンク総合法律事務所の紀藤正樹弁護士にも話を聞いた。 「ナチュラリープラスは”病気が治る”と商品を販売していました。これは薬事法違反です。本当に効果が実証されているわけではない。それで治らなければどうするのって話です。それこそ”価値のない水”を売っていることになる。これだと商品を売っているようで売っていない。つまりねずみ講と変わりませんよ」 さらに、行政処分の甘さを指摘。 「ルール破りは市場から撤退させる、得た利益を課徴金として剥奪するなどの制度が必要です。今回の処分はマルチ商法を法的に許される取引として認めてよいのかが問われていると思います」

杏、初めてのオリジナル曲を公開!出演映画のイメージソングに決定!!

藤原竜也主演の映画『おかえり、はやぶさ』のテレビスポットが解禁され、イメージソングに決定した杏が歌う初めてのオリジナル曲「夢のかけら」が初公開された。2010年、「愛は勝つ」「どんなときも。」などの名曲をカバーしたアルバム「LIGHTS」で歌手デビューを果たし、透き通るような歌声を披露した杏。今回解禁されたオリジナルソングは、そんな杏の歌声が映える希望あふれる一曲に仕上がっている。 映画『おかえり、はやぶさ』テレビスポット 杏のオリジナル曲が初公開されたテレビスポットは、前田旺志郎演じる宇宙大好きな少年・岩松風也の「はやぶさ、帰って来るよね?」という不安に満ちた一言から始まるが、そこにをはやぶさの帰還を後押しするように、杏の歌う「夢のカケラ」が流される。 「『おかえり、はやぶさ』には、”はやぶさ”のワクワクするような冒険の要素と、”はやぶさ”にさまざまな思いを託した人々のドラマの要素があり、映画本編の中で、最も純粋に宇宙へのあこがれを追い求めている理学博士・野村奈緒子役を務めている杏さんの歌声がぴったり」と今回のイメージソングに抜てきされた杏。楽曲について、「大切な人に伝えたい愛や思いが、優しく真っ直ぐ大空(宇宙)に向かって飛んでいけるような曲にしました」と語り、「一人でも多くの方に愛される曲になってほしいと思いを込めて歌いました」とレコーディングを振り返った。 『おかえり、はやぶさ』は、2010年6月、小惑星「イトカワ」から微粒子を持ち帰るという偉業を成し遂げた小惑星探査機「はやぶさ」の物語を、3Dで、子どもたちにもわかりやすいタッチで描いた作品。杏は「宇宙探査機はやぶさが次々と困難を乗り越えていく姿がとても凛々しく、『おかえり、はやぶさ』はきっと皆様に感動していただけるような作品に仕上がったと思います」と自信を見せている。 なお、杏初のオリジナル曲となった「夢のカケラ」は、4月から始まる大エルミタージュ美術館展のテーマ曲「愛をあなたに」などと共に、全5曲が収録される4月25日に発売される杏初のオリジナル・ミニアルバムに収録予定。杏は「春の訪れと共に温かい気持ちを届けられるようなミニアルバムになりますので、こちらもご期待ください」。 映画『おかえり、はやぶさ』は3月10日より全国公開杏初のオリジナル曲「夢のかけら」は2月22日より着うたリリース予定、3月7日より着うたフルリリース予定

「ナイトライダー」デヴィッド・ハッセルホフ、アルコール中毒で意識不明だったことを否定

土曜の夜、アルコール中毒で病院に搬送された「ナイトライダー」デヴィッド・ハッセルホフが意識不明で息もしていない状態だったとの報道を否定した。 デヴィッドの弁護士は「一連の騒動の間、報道されたような状態だったことはありません」とコメント。「ハッセルホフ氏は日曜日に弁護士たちと話をし、状態も良好です。ただ、不純な動機から、事実とは大きく違う内容をメディアに広めている人がいることに困惑し、悲しんでいます」と語っている。 また、デヴィッドをよく知る関係者は、「デヴィッドは土曜の夜に体調を崩したが、意識を失いはしなかった。自分の力で車に乗り込み、病院に向かった」とピープル誌に語り、報道されているほど酒を飲んでいたら翌日には退院していないだろうと言っている。

斎藤工、いじられ喜ぶ「打楽器を忘れた南米のミュージシャンみたい」

女優の藤山直美と阪本順治監督がおよそ16年ぶりにタッグを組んだ映画『団地』の完成報告会見が26日、都内で行われ、阪本組初参加となった斎藤工は藤山から「打楽器を忘れた南米のミュージシャンみたいだね」といじられると、「いつもいじっていただいて、幸せでした」と喜ぶ一幕があった。この日は、藤山、斎藤、阪本監督に加え、共演の岸部一徳、大楠道代、 石橋蓮司も出席した。 【その他写真】斎藤、藤山にいじられる… 本作は、2000年公開の映画『顔』以来、16年ぶりにタッグを組んだ藤山と阪本監督が挑んだ人間ドラマ。さまざまな人生が交差する「団地」という空間を舞台に、ごく平凡な夫婦のありえない体験を軽妙な会話劇で描く。 阪本監督が藤山のために書き下ろした完全オリジナル脚本ということで「藤山さんをどこまで遠いところに連れて行こうかという発想から生まれた」と話す阪本監督に、藤山は「遠いところまで行かされ、戻って来れなくなりました」と突っ込みを入れ、会場を沸かせる。 続けて、「藤山さんのスケジュールが空いていると保健所の人にいわれて……」とシュールな前置きで周りを苦笑させた阪本監督は、「『何これ?』と不審がられるものを書きたくて書きました」と話す。藤山は「脚本を読んで、『この人、大丈夫なの?』と感じましたが、信頼してお任せしました」と2人の絆の強さをアピール。さらに、団地が舞台ということで「みんなが冗談で『団地妻』って言うから、何をおっしゃいますかって感じ……」と言いながらも、藤山はまんざらでもない表情を見せた。 また、劇中の藤山と岸部の夫婦ぶりにも話は及び、大楠は「ふたりの息のあった、食べっぷりにびっくり。ふつうの夫婦以上の相性!」とベタ褒め。石橋も「情感の匂う素晴らしい夫婦!」と大絶賛していた。 坂本組初参戦の斎藤はベテランの共演者を前に、「個性派の俳優陣との共演で光栄」としみじみ。最後に藤山は「人間模様もしっかり描かれています。不思議な気持ちになって、観終わった後にほっこりした気分になれる作品です」とアピールした。 映画『団地』は6月4日から有楽町スバル座、新宿シネマカリテほか全国公開

ジャッキー・チェンがアクション業を引退宣言? その真意は?【第65回カンヌ国際映画祭】

香港映画出身の世界的アクション・スターであるジャッキー・チェンが、現在開催されている第65回カンヌ国際映画祭の場で、次回作が自身を築き上げてきたアクション映画の最後の作品になるというニュアンスの発言し、話題になっている。 ジャッキー・チェンがカンフーの達人を演じた『ベスト・キッド』写真ギャラリー これはジャッキー・チェンが、カンヌ国際映画祭で新作『チャイニーズ・ゾディアック / Chinese Zodiac』の記者会見で答えたもので「世界は今、あまりに暴力的だ。僕は闘うことは好きだが、バイオレンスは嫌いだ。それに、僕は観客たちに格闘する演技だけでなく、(シリアスな)演技もできることも知ってもらいたい。そして、月日が経つにつれて、よりその思いが強くなり、本当のジャッキー・チェンを見せようと思ったんだ。だから、ここ10年間は映画『ベスト・キッド』のような、年老いた男を演じるほうがむしろ気に入っている。そして、後どれくらいできるか体に尋ねてみた。もう僕は若くないからね」と明かしている。 ジャッキー・チェンは、彼が尊敬するブルース・リーの映画『燃えよドラゴン』などの作品にスタントマンとして出演して以来、およそ100作以上に出演している。 もっとも彼は、この発表をした後すぐに「もし将来、『ベスト・キッド2』や『ラッシュアワー』続編が制作されることがあれば、出演するつもりでいる」とも答えているため、しばらくアクション業を休業するということなのかもしれない。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

ジョージ・マイケルが不安障害 肺炎で死にかけたことがトラウマに…ツアーをキャンセル

ジョージ・マイケルが不安障害の本格治療を受けるため、コンサートツアーの一部日程をキャンセルすることを自身のオフィシャルサイトで発表した。 49歳のジョージは、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで行ったコンサートの翌日、現地時間9月30日に治療を受けることを発表。昨年肺炎で死にかけたことがトラウマとなり、現在、不安障害に苦しんでいることを説明し、11月に予定されていたコンサートツアー「シンフォニカ」のオーストラリア公演をキャンセルすることを明らかにした。 「オーストラリアでのコンサートをキャンセルすることを今日発表しましたが、胸が張り裂ける思いです。昨年の闘病以来、死に直面したトラウマを克服しようとしてきました。医師からは何らかの心的影響があるだろうと注意され、十分な休養と心的外傷のカウンセリングを受けるようアドバイスを言われましたが、音楽を作ったり、観客の前で歌ったりする喜びだけで十分なセラピーになるだろうと勘違いをしていました」と告白。 また、「今年がどれほど苦難な1年になるかを非常に甘くみていました。昨年12月にオーストリアをあとにして以来、つきまとっている大きな不安を自分だけの力で乗り越えられると思っていたことは間違いでした」とジョージは声明を出している。 先月ウィーンで行われたコンサートでは、昨年11月に自身が肺炎のため入院した病院の医師や看護師たちに、ジョージはお礼として1,000枚のチケットをプレゼントしていたという。

コンプレックスと好きな女性のタイプ

「私は背が低くてぽっちゃりだから……」――そんな自身喪失な声を友人から聞くことがあります。そしてまた、私自身もスタイルにはあまり自信がない。お尻が全体のバランスのわりに大きく、残念ながらお世辞にもモデル体系とは言えないのが現実。 身体的コンプレックスを抱えている女子は少なくない……むしろ、程度の違いはあれど全員と言っても過言でないのでは?特に、日本人女子は痩せている?太っているについては他国と比べると、過剰に意識しているように感じる。他にも、胸の大きい?小さい、お尻の大きい?小さい、身長、目の大きさ、唇の薄さetc……挙げれば切りがない。しかしそれが、「恋愛においてモテない」「彼氏ができない」などと不利に思われがちだが、本当にそうなのだろうか? 流行ファッションで、ほぼみんな同じ様な雰囲気をしている若いギャルを街でよく見かけるが、女子が目指す美とは裏腹に、男性から見た理想的な好みの女性、彼女にしたい女性は全く別のものだったりする。 私自身の経験を挙げると、過去にダイエットに大成功したことがある。しかし当時の彼はグラマーな私が良かったらしく「ガリガリで鶏ガラみたい」と抱きしめてさえもらえなくなった。また、ヒップが元々大きめで唇が厚い私のルックスは、黒人に特にモテる傾向がある様に感じる。いずれにしても私も、モデルさんの様にスレンダーで、おまけに上戸彩のあひる口に憧れる。 一方で、周りの男性に意見を聞いてみると、女性の好みに関して以下の意見が挙がってきた。?背が低い子が好み(高いヒールをはかないで!)?背が高い子が好み(上から目線ですべて支配されたい!)?胸が小さい方が好み(ロリコン!? 胸が大きいばかりがセックスアピールではない)?モデルの富永愛や黒木メイサの様な切れ長eyeに見つめられたい!(クリクリのパッチリeyeより吸い込まれる)?薄いアヒル口より、ぷっくりした厚い唇が好き(色っぽくてセクシー)などなど……。 私たち女子が目指す、いわゆる“モテ系”とはかけ離れている場合がある。万人受けと、人それぞれの好みのタイプは全然違うのだ。必ずしも、背が低く、睫毛バサバサのクリクリのパッチリeyeで、アヒル口でロングヘアーにユル巻き、おっぱいは大きいのにスラッとした手足……そんな女子だけがモテるのではない。わかっていても個性をなかなか伸ばすことができないのが現実。 私はコンプレックスだった大きいお尻を小さく見せるのは諦めた。…

山田孝之、禁断愛!?玉木宏にべた惚れで「カッコイイ」連発

俳優の山田孝之が4日、有楽町・丸の内ルーブルで行われた映画『MW -ムウ-』(岩本仁志監督)の初日舞台あいさつで、欠席した共演の玉木宏のいい男ぶりを絶賛した。 映画『MW -ムウ-』写真ギャラリー 本作は故・手塚治虫氏の問題作を実写化したスペクタクル巨編で、暗い過去を共有する冷酷な殺人鬼(玉木)と心清らかな神父(山田)が世界滅亡をかけた激しい攻防を繰り広げるストーリー。先日、二人の怪しい関係性を示唆するエロチックなイメージフォトが公開されたことでも話題を集めている。 玉木との共演を振り返った山田は「顔がいい。背が高くて声もいい。イタズラ好きでかわいいところもある。いい男です」と少し照れてみせ(!?)「カッコイイ」を連発。現在、海外で主演映画を撮影中の玉木から届いたビデオメッセージが上映されると、改めて「カッコいいなぁ」と恋する乙女のような状態だった。 本作では原作に描かれた同性愛描写がカットされており、一部ファンからは残念がる声も出ているが、この日の山田は、玉木への愛情をタップリ語り、観客のイマジネーションを十分に刺激していた。 映画『MW -ムウ-』は丸の内ルーブルほかにて全国公開中

Archives