Drubakメディア

日経Drubak社が運営する、IT(情報技術)にかかわるプロフェッショナルに向けた総合情報 サイト。

ティム・バートン監督新作の主演は、『ヒューゴの不思議な発明』のエイサ・バターフィールドか?

映画『アリス・イン・ワンダーランド』『ダーク・シャドウ』のティム・バートン監督が手掛ける予定の新作『ミス・ペレグリンズ・ホーム・フォー・ピキュリアー・チルドレン / Miss Peregrine’s Home For Peculiar Children』で、注目の若手俳優エイサ・バターフィールドが主演候補に挙がっていることがVarietyや複数のメディアによって明らかになった。 2015年1月公開!ティム・バートン監督映画『ビッグ・アイズ』フォトギャラリー 今作は、作家ランサム・リグズが執筆した同名ファンタジー小説(邦題「ハヤブサが守る家」)を、『猿の惑星:新世紀(ライジング)』のピーター・チャーニンの製作会社、チャーニン・エンターテインメントが、米20世紀フォックスのもとで企画している作品。脚本は映画『キック・アス』のジェーン・ゴールドマンが担当することになっている。そのストーリーは、高校生ジェイコブが、謎の死を遂げた祖父の昔話と写真をもとにウェールズの小さな島に行き、特殊能力を持つ子供たちが収容されている孤児院を探すという設定。 そしてキャストには、孤児院の女性校長役としてエヴァ・グリーンの出演がすでに決定しており、このたび新たに映画『ヒューゴの不思議な発明』『エンダーのゲーム』で注目を集めたエイサ・バターフィールドが主演候補として、さらに映画『マレフィセント』のエラ・パーネルもこれから行われる出演交渉に入ることになっている。 撮影は2015年の初期を予定している。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

ケイティ・ホームズ、4年ぶりにブロードウェイの舞台へ

トム・クルーズとの離婚が決まったケイティ・ホームズが、今秋からブロードウェイの舞台「デッド・アカウンツ / Dead Accounts」に出演することが決まったという。 ケイティ・ホームズ出演映画『バットマン ビギンズ』写真ギャラリー 同舞台は、シンシナティの実家に住む30代の女性の元に、奇妙な状況に陥った兄弟が舞い戻ってくるというストーリー。劇作家のテレサ・レベックはケイティが主役を演じることに大喜びしており、「正直、超クールだわ。製作チーム全員がイキイキとしている。あまりのうれしさで体がうずうずしているわ」とThe Wrapにコメントしている。 「デッド・アカウンツ」にキャスティングされたのは、まだケイティだけだが、トニー賞を3度受賞しているジャック・オブライエンが舞台監督を務めるという。ケイティは2008年に「みんな我が子」で、ジョン・リスゴー、ダイアン・ウィースト、パトリック・ウィルソンと共演し、ブロードウェイ・デビューを果たしている。

L・ウィルソン、コメディ映画へ出演

『キューティー・ブロンド/ハッピーMAX』のルーク・ウィルソンが、20世紀フォックスの『3001』で主演を務めることが決まった。これは、ウィルソン扮する政府による極秘プログラムの被験者に選ばれた平凡なアメリカ人男性の物語で、10世紀も人工冬眠した彼を待ち受けていた世界は人類の知能が下がり、彼が世界で一番知能の高い人間になっていたというコメディ映画だ。監督は俳優でもあるマイク・ジャッシがあたり、撮影は4月中旬から開始される予定だ。

「カルテット!人生のオペラハウス」のビリー・コノリー、パーキンソン病と診断される

映画『カルテット!人生のオペラハウス』『ガリバー旅行記』などで知られるビリー・コノリーがパーキンソン病と診断されたという。 映画『カルテット!人生のオペラハウス』場面写真 70歳のビリーは最近になって手足の震え、筋肉のこわばり、動きの緩慢さなど、パーキンソン病の症状がみられるようになったとのこと。 「ビリー・コノリーは前立腺がんが早期発見され、先日、アメリカで手術を受けました。手術は成功し、完治しています。その際、パーキンソン病の初期症状があると診断されました。現在、治療中です」とスポークスマンは発表している。 パーキンソン病の治療には一般的にレボドパという薬が使われ、これが脳内でドパミンに変化し、病気の症状を改善する。おそらくこの治療を受けているものと思われ、病気によって仕事に影響が出ることはないそうだ。 「パーキンソン病と診断されましたが、仕事をするにあたって影響は一切ないと専門家から言われています。近いうちにテレビシリーズの撮影に入り、来年にはニュージーランドの舞台ツアーにも参加します」とスポークスマンはコメントしている。

「コールドケース」のキャスリン・モリス、双子を妊娠

テレビドラマ「コールドケース」でリリー・ラッシュを演じたキャスリン・モリスが妊娠したとE! Newsが報じた。 出演作『マネーボール』フォトギャラリー 交際して3年になるジョニー・メスナーとキャスリンにとって初めての子どもで、おなかの子は双子だという。 「キャスリンとジョニーはこれ以上ないくらい幸せです」とマネージャーはコメント。9月に出産予定とのこと。 キャスリンは「コールドケース」が2010年に終了して以来テレビシリーズに出演していないが、Zap2it.comによると、テレビドラマ「ザ・サージョン・ジェネラル / The Surgeon General」のパイロットへの出演が決まっており、ジェイソン・アイザックス、ショーン・アスティンと共演するという。

野村萬斎×中井貴一×市川猿之助×佐々木蔵之介×佐藤浩市の”戦国姿”!

映画『花戦さ』(2017年6月3日公開)の特報映像が公開され、野村萬斎、中井貴一、市川猿之助、佐々木蔵之介、佐藤浩市といった豪華俳優陣が戦国時代に名を馳せた偉人たちにふんした姿がお披露目された。 映画『花戦さ』特報映像 本作は戦国の世の日本で豊臣秀吉(猿之助)と華道家元・初代池坊専好(萬斎)の伝説に着想を得た時代劇。天下人となった秀吉に対して刃(やいば)ではなく「花」で戦いを挑む専好の姿を描き、中井が織田信長、佐々木が前田利家、佐藤が千利休を演じているほか、『渇き。』『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』などの森川葵が原作では描かれていない映画オリジナルのヒロイン、天才絵師・れんを熱演している。 「わしゃ、勝つつもりでいるけどな、この戦さ」と自信たっぷりに専好が語るシーンから始まる特報映像。専好の戦さ相手である天下人・秀吉、信長、利家、利休が次々と登場し、紅一点のれんが意味深に微笑んでいる。 小説家・鬼塚忠の著書を『真夏のオリオン』『小川の辺』などの篠原哲雄監督が映画化し、日本を代表する俳優が競演した本作で、秀吉をギャフン! と言わせるためにけったいな男・専好が必死の形相で走り出す。

片岡愛之助、オネエの次は楳図かずお役!77歳映画監督のデビュー作に主演!

テレビドラマ「半沢直樹」(TBS系)でオネエ言葉の金融庁エリートを演じた歌舞伎俳優の片岡愛之助が、漫画家・楳図かずお初の長編監督作『マザー』に主演することがわかった。楳図の自叙伝的な要素を含むホラー作品で、片岡はまさかの楳図本人役を務めており、トレードマークの赤白ボーダーにも袖を通す。 「漂流教室」「おろち」「洗礼」など数々の傑作漫画を手掛けた楳図が、77歳にして長編映画監督デビューを果たす本作。片岡は「半沢」の放送前から楳図役のオファーを受けていたといい「全然似てないのに大丈夫か、と心配になりました」と正直に当時の心境を振り返る。 一方で楳図は憧れの存在でもあったといい「まさかご本人にお会いできるとは思ってもいませんでした」と喜びを語った片岡。「台本は本当に面白く、楳図ワールドといいますか、先生独特の世界観や描写がたくさんあってうれしくなりました」と撮影を通して不安も消えたようだ。 映画は、楳図の自伝本出版に伴う調査をきっかけに現れた、彼の創作の原点にある亡くなった母・イチエ(真行寺君枝)の怨念による怪現象を描いた、怖くせつないホラー作品。「ただのホラー映画ではなく、色々な要素が含まれていると思います」という片岡は「出来上がりを観るのを楽しみにしております」と期待を掛けている。 そしてついに映画監督デビューを飾り脚本も手掛ける楳図は、「ほんわかした、のほほーんとした雰囲気が役にぴったり」と片岡の起用理由を説明。あまりに似ていないという、本人の不安にも「最後に並んで記念写真を撮ったら、なんか同じ人に見えてくるというか、似てきた気がしました。仕事にのめり込んで、夢中になってやっているところも共通点だと感じました。舞台をやっていらっしゃるので、声がはっきりしていてメリハリのあるお芝居が素晴らしかった。愛之助さんにお願いして本当に良かった」と称賛の言葉を惜しまない。 また77歳という自身の年齢については「ハンデだとは全く感じておらず、逆に年を重ねるに従い創作の引き出しは増えていっていると思っている」となお精力的。「何が本当で何がウソか、観ている方が『本当に楳図かずおってこんな人生なのかな』と思ってもらえればうれしいです」と展望を明かしている。 映画『マザー』は2014年9月27日公開予定

MIYAVIが『ミッション:インポッシブル』のテーマをアレンジ!トム・クルーズが日本だけに許可した最新予告

トム・クルーズ主演の大ヒットシリーズ第5弾『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』の最新予告編が公開された。世界を舞台に活躍する”サムライ・ギタリスト”にして、アンジェリーナ・ジョリー監督作『アンブロークン / Unbroken』では俳優としてハリウッドデビューも果たしたMIYAVIがアレンジしたテーマ曲「Mission: Impossible Theme」が使用された、トムが日本だけに許可した特別な予告編となっている。 主人公イーサンらスパイ組織IMFのメンバーと、世界を恐怖に陥れる謎の多国籍スパイ組織「シンジケート」の攻防をアクション満載で描く本作。すでにトムが地上約1,524メートルの高さを時速400キロで飛ぶ軍用飛行機のドア外部に身一つでしがみつくさまを捉えた映像が公開され話題になっているが、今度は水の中へ! 最新予告には観る者の度肝を抜くトムの潜水シーンが含まれている。 数週間かけてプロの水中パフォーマンストレーナーから呼吸法を学び、6分から6分半の間、息を止めるというハードなトレーニングを行った上で撮影に臨んだトムは、「随分前からクリストファー・マッカリー監督と共にスリル満点の潜水シーンをノーカットで撮影したいと考えていたから、とても面白かったよ」と撮影を振り返っている。MIYAVIがスタイリッシュにアレンジしたおなじみのテーマ曲と共に映し出されるトムの超絶アクションの数々は必見だ。 映画『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』は8月7日より全国公開

シャイア・ラブーフ、3か月のリハビリプログラムを命じられる

治安びん乱行為で逮捕され、罪を認めたシャイア・ラブーフが、裁判官から3か月の薬物とアルコール依存症治療プログラムを受けるよう命じられたとNew York Daily Newsが報じた。 シャイア・ラブーフ出演映画『欲望のバージニア』フォトギャラリー シャイアは6月26日、ブロードウェイのミュージカル「キャバレー」を観賞中に騒ぎを起こし、逮捕されていた。彼を連れ出そうとした警察官につばを吐きかけたとも報じられている。 裁判官は、この事件に関する出廷が求められた日には必ず顔を出すこと、治療期間中に逮捕されないことなどを言い渡し、これに違反した場合はリハビリプログラムでは済まないと念を押したという。3か月のリハビリプログラムを完了し、今後半年間、違反行為がなければ、今回の逮捕は記録から抹消される可能性が高い。 シャイアの弁護士は、「事態の解決策に気を使ってくれた検察側に感謝します」とコメントしている。次の出廷日は11月12日とのこと。

斎藤工・足立梨花らに「おかえり」の歓迎!ゆうばり映画祭、今年も開幕

北海道夕張市で行われる「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」が2日に開幕を迎え、長編初監督作を出品した斎藤工、映画祭インターナショナル・ショートフィルムコンペティション部門の審査員を務める武田梨奈、「京楽ピクチャーズ.PRESENTSニューウェーブアワード」女優部門を獲得した足立梨花、男優部門を獲得した駿河太郎らが、夕張市民から熱烈な歓迎を受けた。 【写真】みんなおかえり!ゆうばり映画祭 夕張といえば映画『幸福の黄色いハンカチ』のロケ地。それを踏まえ、バスから会場入りしたゲスト陣を「おかえり!」と歓迎する夕張市民の手には黄色いハンカチが。メロン熊、鈴木直道夕張市長もそろってゲストを出迎え、映画祭は華々しく幕を開けた。 足立梨花もおかえりの声に大感激! その後、会場を移してオープニングセレモニーを実施。足立は「ニューウェーブアワード」のトロフィーを受け取ると、「映画祭で賞をいただくのが初めてで緊張していましたけど、夕張に着いて、たくさんの方に『おかえり』と言っていただいた。うれしくて緊張が解けました。今年の仕事始めも映画でしたが、また皆さんに『おかえり』と言っていただけるように、たくさん観ていただける機会を作れるように頑張りたいと思います」と決意のコメント。 駿河太郎も夕張のみんなとピース! また、今年で39歳となる駿河も「僕は俳優を始めたのが遅かったのですが、映画が大好きで、今はお芝居が楽しい。ただ、賞とは無縁だと思っていたのでうれしいです。次は僕の作品の上映で、また夕張に帰ってきて、ただいまと言えるように精進します」と続けた。 27回目の開催となる同映画祭にとって、今年は市の財政破綻を経て市民主導の映画祭に変わってから10年の節目。映画祭の名誉大会長となる鈴木市長は「今年のスケジュールは例年より後ろにずれて、3月6日まで行われますが、3月6日はわれわれにとって忘れることができない日となります。2007年3月6日に夕張市は再建団体に移行し、財政破綻したのがこの日になります」と切り出すと、「最終日が3月6日になったことで、破綻からまる10年を映画祭期間中に迎えることになります。これも何かの縁かなと思います」としみじみ。 さらに夕張市が「RE START! More Challenge!」という合言葉を掲げていることを踏まえ、「長い10年でした」と語った鈴木市長は、「10年の間につらいことがたくさんありましたが、どれだけ映画祭に救われたか、わかりません。1年間どんなことがあっても市民は楽しみに待っていました。映画祭の最終日にリスタートの一歩を踏み出せるのは、こんなにうれしいことはありません」と喜びのコメントを寄せた。 「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」は3月6日まで合宿の宿ひまわりをメイン会場に、夕張市内の各会場で開催中

Archives