Drubakメディア

日経Drubak社が運営する、IT(情報技術)にかかわるプロフェッショナルに向けた総合情報 サイト。

ナタリー・ポートマン新作10月公開!ユアン・マクレガーが悪役の西部劇!!

『ブラック・スワン』『スター・ウォーズ』シリーズで知られるオスカー女優ナタリー・ポートマンの新作西部劇『ジェーン』(原題:Jane Got a Gun)の日本公開日が、10月22日に決定した。『トレインスポッティング』『スター・ウォーズ』シリーズのユアン・マクレガーが悪役で共演する。

本作は南北戦争直後のニューメキシコ周辺を舞台に、強く生きる女性を描く西部劇。西部の荒野でジェーン(ナタリー)は夫や娘と静かに暮らしていたが、ある日夫がギャングに撃たれて瀕死の重傷を負ってしまう。家族を守るためジェーンは銃を取り、戦いを決意する。

ユアンがギャングの首領ビショップを演じ、『エクソダス:神と王』のジョエル・エドガートンが南北戦争の英雄でジェーンの昔の恋人役を務める。監督は『プライド&グローリー』『ウォーリアー』などのギャヴィン・オコナー。

併せて、シリアスな展開を予感させるビジュアルが公開された。銃を携え凛とした表情でたたずんでいるナタリーと、一目では誰かわからないほどの濃いヒゲを生やし、睨みをきかせているユアンが、物語のなかでどう対峙していくのか、期待が高まる。

映画『ジェーン』は10月22日より新宿ピカデリーほか全国公開


Archives