Drubakメディア

日経Drubak社が運営する、IT(情報技術)にかかわるプロフェッショナルに向けた総合情報 サイト。

オスカー候補のドキュメンタリー『レストレポ』の監督がリビアでロケット弾に撃たれて死亡

今年のアカデミー賞でドキュメンタリー長編賞にノミネートされた映画『レストレポ~アフガニスタンで戦う兵士たちの記録』の監督の1人ティム・ヘザリントンさんが内戦中のリビアを取材中に亡くなった。

E!オンラインによると、40歳のティムさんは3人のカメラマンと共にロケット弾に撃たれ、死亡。残りの3人のうち、2人については情報が交錯しており、重態もしくは死亡と報じられているが、1人は命に別状のない程度のケガで済んだらしい。ティムさんは亡くなる数時間前にリビアからツイッターで、「包囲されたリビアのミスラタにいる。カダフィ軍が無差別爆撃中。NATOの姿はなし」と最前線の様子を発信していた。

アフガニスタン戦争を描いたドキュメンタリー映画『レストレポ~アフガニスタンで戦う兵士たちの記録』をティムさんと一緒に監督をしたセバスチャン・ユンガーは友人の死にショックを受けていると語る。「親愛なる友人ティム・ヘザリントンをリビアのミストラで亡くしたショックと悲しみを言葉にすることはできません」と声明を出し、ティムさんほど勇気があり、強い信念を持ったジャーナリストは知らないとコメントし、死を悼んでいる。


Archives